ふわふわ雑記

映画とかなんかテキトーなブログのようなもの?

世界

僕は人格破綻しかけている人間だと思います。大体は普通の人間です。しかし、なんらかの考えで普通を逸脱することがあります。僕はそれは特に異常だと思ってはいません。何故ならある程度のおかしさというのは個性という枠に収まる程度なのだという認識があるからです。

 

僕はこの世界があまり好きではありません。原因はなんなのかは今となっては何が僕に影響をもたらしたのかそれを知ることはできないでしょう。

少なくとも私が生きている世界というのは自己責任の世界です。何が起きても自己責任。事故を起こそうが、単位を落とそうが就職出来なかろうが、合格しなかろうが自己責任なのです。僕はこの自己責任という言葉を嫌います。それは法律と同じように、それを決めた人への利益になっているだろうからです。

そりゃあ自己責任だろうと考えている人も想像してみてください。自分で生まれてくるわけでもなく、生まれる場所、時間は当たり前に、遺伝子さえも勝手に決められて生まれてくるのです。そこにどこにも自己というものは介在していません。むしろ結果こそが自己です。結果にどうこういうのは可哀想ではないですか。

そうして生み出されたものというのは長い期間を経て自己というものを作り出します。

この自己というのも遺伝子、また環境というのがとても影響を及ぼします。環境というのは、家庭環境。親が健在なのか片親なのか、親はどんな思想を持っているのか、どういう子育てをするのか。ということです。またその地域の環境というのも含められます。どういう文化で、どんな場所なのか田舎なのか都会なのか。治安がいいのか悪いのか。運というのもここに言い含められるかと思います。

遺伝子とはそのまま自分の形状を作成するためのマップです。顔の作りだとか背だとかそんなこと。大したことのないように思うが遺伝子が一番タチが悪い。というのも顔や体だけではなく精神やはたまた運命まで決められるのかもしれません。

今書いたこれらが全て自分の意思により決めることができないのです。

なのに自己責任と言われます。おかしいですよ。本当に。

その原因、何故そういうようになってしまったのか。はわかりませんが、何故いうのかはわかります。ただ言葉にしにくい。言ったところで何も変わらないというのが悲しい

ディストピアにいるのに、それを認識していない。ただ、僕はコメディアンになるしかなかった。

何も書くことがない

コンビニでバイトを始めた時の話ですが、色々仕事の説明を聞いていました。僕は物覚えが悪い方(というか大事なこと以外はあまり覚えない)なので何回か同じような質問をしていました。

僕は温めはどうやるのか聞いていた時であったと思うのですが、パンは何秒温めなんですかと聞いたら、先輩はキョトンとしてからパンは温めないでしょ笑 と言われました。

僕はカレーパンが好きで良く買います。そのとき温めてもらい暖かいカレーパンを食すのが僕の幸せ係数を増やす行為となっているのです。

ああ、この人は温めたカレーパンを食べたことがないのだと思いました。可哀想です。

 

ある日僕は朝早くに映画を観に行きました。まだ朝ごはんを食べていなかったのでご飯を買いにコンビニへ向かいました。

僕は散々迷った挙句カレーパンを買い、温めをお願いしました。

そうしたら店員のお姉さんが、私もこの食べ方好きなんですよ。と話しかけてきました。

美味しいですよね。僕はそう返した。

嬉しかったです。

寝てないよ

よし寝るか!じゃないよ!寝てないよ!仮面ライダーを横目に僕は洗濯機を動かしました…

う!

重!!!!!!

なにこれ!!!!!!

洗濯機ってこんな重いのか!!!!?

ずりずりと動かし、えい、と傾けました。

ふむ。これは!!!下からじゃわからない!!!!つまり動かさないとわからない!

アースを抜くのにドライバーが無かったのでナイフの背を使い、はあ、と一息つくと僕は斜めになった洗濯機を無理やり方向を変え動かし、洗濯機をおろしました。洗濯機の裏に回るとネジで留められていて、プラスドライバーではないと外さないようでした。

なんやかんやあってドライバーを探し出すとようやく外しにかかりました。パネルのようなものを外してみるとそこは洗濯槽となにか動かすベルトあとなんかがありました。

僕はまず排水ホースに漏れがあるのではないかと思い手で探りました。しかしどこにも穴はなくグリスがつくだけでした。しかし、濡れているホースがあったのでこれは何処からか漏れていて、ホースに水がついたに違いないと睨み嫌々手で探りました。ただグリスがついただけでした。

諦めかけたその時!洗濯槽に付いている支えのような、車でいうサスペンションに当たる部分でしょうか、棒が付いていました。問題はそこに上から巻きついている透明のチューブでした。

!?なんだこれ!?

透明なチューブは下の方で洗濯槽につながっていたはずが外れているではありませんか。

これじゃん!!!!!

解決!!!!!

汚かったので軽く掃除もした!

試運転したらもれなかった!!!!!

良かったね!!!!!!

寝るか!!!!!!

ちなみに説明書見てもこの透明なチューブについての記述はありませんでした。

f:id:vkailn8211:20171008104902j:image

はあ

家事というのは大変な苦労であると一人暮らしをして身にしみます。掃除、ご飯、洗濯。大雑把にいうとこういう風に分けられるのではないでしょうか、僕は全ておざなりにしていて友達に掃除してもらったりしています。食事もそうです。多少は作れるのですが多くは買ってきてしまい、お金もかかると。とても非効率なことをしてこの三年過ごしています。洗濯もそれにもれずまあ良いかという感じです。しかし、洗濯も必ずしないといけません。いつものように服を入れ、回しました。

何分間するとピーという警告音とともに洗濯機が止まりました。何だと僕は見に行くと、そこには溢れんばかりの水で満たされた洗濯機、ポタポタと水が下の接合部から流れているではありませんか。

は!!!!これは!!!まさか!!!!洗濯機が壊れているな!!!!!!

そう思った僕は洗濯機の脱水のボタンを押しそしてしばし考え込みました。

よし!寝るか!

特に何もない1日だった

更新するにしても何かネタがないといけないなぁと思うのですが特に何もありませんでした。まあ1日寝てましたよ。寝てたらさ、そんなネタなんてあるわけないじゃないですか。

なので何となく書きます。

僕は良く瞑想をします。世に言われる瞑想と違うのかどうか知りませんが僕は寝てます。仰向けに寝て視界を暗くします。この方がいいです。さしたら深く呼吸しまぶたの裏を注視します。手はvayu mudraのポーズでもしててください。これだけです。10分くらいまぶたの裏を見続けていると、閉眼幻視とまではいきませんが、集中すると万華鏡のような模様が見えてきます。見えてきたら体をそのまま預けると、浮遊感に似た離脱感が味わえます。

コツは自分が巨大な球体に押しつぶされ伸びる感覚を持つことと、目線を上にした時自分の意識を目線の上の交差した部分おでこの裏くらいに持つことです。

寝れない人もこれで寝れます。

だから何?知らないよ。

ファ!?

今日学校から帰ってくるとですね。帰り道にすれ違ったおじさんがいたんですね。眼鏡をかけハゲててスマホを横に持っていたものですから何となく気になったんですね。失礼な話です。そしてすれ違った後すぐ僕のアパートがあるんですけど、二階への階段を登っていくとですねちらりと人影が見えたんですね。

僕の後ろから歩いてきた人はいなかったので、さらにおや?と思ったんですかね。そちらに目線をやるとですね、塀からチラリとこちらを覗いているハゲ頭があった訳ですね。

ム。と思いつつも鍵を開け部屋に入りました。しかし、なんだか胸がざわざわしました。すれ違ったハゲがこちらを見ていた?のですから。少し不安になり気持ちを整理すると意を決して外へ出ました。

後をつけてきたとはいえ、元はすれ違ったのですからそちらの方へ行くと、先に自転車に乗ったハゲが何やらメモ?スマホを操作していたのか定かではありませんが、とりあえず発見したのです。僕は後をつけることにしました。少し追った後からはコンビニに入りました。そしてトイレに入り出てきませんでした。電話をしていたのでしょうか。少し待っても出てくる気配がありません。そのコンビニは立ち読み防止のテープが貼られており、長く滞在することは不審に思われる上、観察しにいくいと言うこともありそこで尾行を終えました。

そして帰ってきて、少し考えましたが、僕の推理力では答えにたどり着きそうにありません。残念です。

戸締りだけはしっかりしておこうと思いました。

以下駄文。

頭頂部がハゲている。細い眼鏡。中肉中背。黄色っぽい社員証のようなもの。白いワイシャツにワインレッドのスラックス。ネクタイと背広が無いのと、荷物らしき荷物を持っていない?がとても気になる。人の家の前でメモを?する

以下から考えられるのは、空き巣狙いで住所を知っておく、また帰宅時間を知る。

歩いていたのに追った時は自転車に乗っていた(え、別人なのか?)

ただの興味本位説。

なんにしても気味が悪い現象だ…。女の人がストーカーにあったらこれ以上の恐怖なんだなーって

誤用についてお話しします

この頃日本語の乱れということで色々報道で目にすることが多いやも知れませんがいかがお過ごしでしょうか。

ええ、誤用です。お縄につけ!の御用ではありません。

やばいというのは江戸時代から使われ出したという話は有名かもしれませんね。矢を打つ矢場のお店が売春みたいな話ですよ。んで、そこの女がやばいと言われたみたいな感じ早い話。そんなことはどうでもよか。

こういう話をするとウジ虫のように湧くやつがいます。いやいや。日本語は変化していく言葉だから、順応できないだけでしょ?やれやれ老害は困る。みたいなやつ周りにいませんか?

ええ、僕もほぼ同じ考えです。だってしょうがないじゃん。知らないんだもん。しょーがない。こればっかりはと思います。

しかし、それでも僕が見過ごすことのできない誤用を紹介します。

最初は さわり という言葉です。物事のさわりを話すのような意味でしょうか。触るという言葉に引っ張られるのでしょう、物事の端、最初みたいな使われ方ですね。しかし、元々はサビという意味です。物事の盛り上がりです。ジョジョでいうと最後の最後に敗北するのはどちらかーッ!です。君はディオブランドーだね。ではないのです。ええ。まあこれはしょうがないかなと思うんですが、あのですね。

僕んとこの教授が間違ってるんですよ。50超えたおっさんが間違ってるんですよ。めっちゃ頭いい教授という人種が。若い人や低脳が間違えるのはしゃーない。しかしです。教授がさわりを間違えてはいけませんよ。精神衛生な授業で教授というのはほぼ広範性スペクトラム障害者ですからね 笑 といった先生を思い出したじゃないですか!教授で使われると、ああ、こんな頭いいのに俺より国語力ないんだ…って思いますね。というか!さわりを使われるとですね。なまじ誤用と正しい方を知っている分相手がどちらの意味で使っているのか考えなくてはならないのが妙に苛立ちを高めてると思います。無駄なんだ無駄無駄…なのか滅びずにいられるかななのかどっちだ…てなりますから。ナランチャーーーッッて時もありますけど。

はい次。次は憮然という言葉です。よく小説やなんかで使われますよね。憮然とした態度をとったとか、その言葉を聞くと彼は憮然とした表情になった…とか。多分怒ってるとかそういう感じですよね。

でもこれ本来の意味は、落胆してどうすることもできないさま…だそうです。これに関しては僕も18くらいの時に知ったのであまり大きな顔していえませんが。それでもこれは許せませんね。

だってですよ!憮然←みてくださいよ。心ここに在らずって書いてあるじゃないですか!りっしんべんが見えねーのかタコ!今度から間違えた人を見たときは言いましょう。この誤用が僕の怒りゲージを溜めている理由は漢字という初見でも一目見ただけでだいたい意味が察することができるという特性を完全に無視しているからです。特に小説に出てくるなにそれ何?みたいな。小説より新聞で見たりしますけど、まあそれは置いといて。心に無いって書いて怒ってるわけねーだろ!!

はい。

次。

これはおまけですね。さわりは終わってます。

失笑です。こう言われた時どう考えるでしょうか。芸人が滑った時?それとも葬式で笑いそうになった時?

後者なんですね〜。笑ってはいけない場所、状況で笑いを堪え切れないみたいな。これに関しては僕も寛容なんですけど小説に出てくるとちょっと失笑ですね 笑

まあ、これから失笑は冷笑とか苦笑だとか嘲笑。または、いたたまれない。呆れ返ったとかの表現で代替していただければと思います。

 

誤用について、僕は寛容だと思っていますが、小説とか新聞とかでは気をつけてほしいですね。