ふわふわ雑記

映画とかなんかテキトーなブログのようなもの?

現実と虚構

現実とゲームをごっちゃにするなという人がいるかもしれないが、本当に区別がついていない人間に出会ったことなどないというのはまあ置いておいて、

現実と虚構というのはさして何も変わらないのではないかと思う。

人は作り物で感動するわけだし、そんなのが映画化されたりなんかして泣ける!なんて話題になるのだ。パワーで言えば虚構は現実と同じくらいパワーを持っているのだ。時には現実に影響を与えることだってある。

だが存在という観点からでも現実も大して変わらない。何かが起きて何かどうか思う。そういうのは人の受け取り方次第だ。同じことでも違う受け取り方をする。事実というのは事実となったらもう過去のものでそれを示すものなんて曖昧な記憶でしかない。本当それがあったなどと証明できることはできない。とまあマクロ的な視点から見たらそういうことになる。

なんとなくだが大したことのないように思う